車椅子,インスタントシニア体験(5年生)

 総合的な学習で福祉について学習している5年生が,車椅子とインスタントシニアの体験を行いました。友達とペアになり車椅子に乗ったり,車椅子を押したりしました。ちょっとの段差や不安定なマットの上を越えるだけでも押す人は操作が難しくなったり,乗っている人は怖かったりすることを実際に体験することができました。また,インスタントシニア体験では,視界が狭くなるゴーグルや手足の関節が動かしにくくなるおもりやサポーターを付けると,日常の何気ない行動も難しくなることを実際に味わいました。体験を終え,家にいるおじいちゃんやおばあちゃんにもっと優しくしたいという思いを強くしている児童もいました。

  • 2019年6月6日 17:05

カレンダー

ブログ内検索

携帯サイト

アクセス数

ページの先頭に戻る