三十周年記念式典・二中祭合唱コンクール開催

 10月23日日曜日は二中祭・合唱コンクールです。さらに今年は30周年記念の式典も開催されました。
 当日は三部構成,第一部の三十周年記念式典には,歴代の校長先生,さらには歴代のPTA会長をはじめ実に39名の来賓の方をお迎えし,盛大に挙行することができました。来賓を代表し笠間市副市長の久須美忍様よりご祝辞を賜り,これまでの友部二中の歩みをスライトどもに振り返るとともに,ご来場いただいたすべての方に顔を向け,声高らかに今歌える最高の校歌を歌いました。
 続く第二部では,記念事業アトラクションとして落語を聴く機会を与えていただきました。御来校いただいた噺家は『桂米多朗』師匠です。落語の歴史や落語家の服装に始まり,「饅頭怖い」と「歳そば」の古典落語をご披露いただきました。耳に馴染みのある「あ,さて,あ,さて,あ,さてさてさてさて,さては南京玉すだれ…」も見せていただきました。テレビをとおして見るのとはまた違い,非常に楽しいひとときを過ごさせていただきました。なんにしても丸一時間,話だけで人を笑わせ魅了し続けるのは,まさに天晴れの一語に尽きます。ありがとうございました。
 そして最後の第三部,午後からは合唱コンクールです。この日のために体育祭の後,朝に昼にそして放課後にと練習を積み重ねてきた合唱です。どこのクラスも金賞が欲しい,特に3年生の歌にかける思いはすさまじいものがありました。最高学年の3年生の歌にかける想いが後輩に伝わり,来年度以降,さらに素晴らしい合唱が本校に響き渡ることを祈念します。
 とにかく,準備と練習を含めての期間と,朝から夕方までの長い一日,みなさん本当にお疲れ様でした。
 

  • 2016年10月24日 18:19

カレンダー

カテゴリ (記事数)

ブログ内検索

携帯サイト

アクセス数

ページの先頭に戻る