無償提供の真鯛を学校給食で提供!

 新型コロナウイルスの感染拡大等に伴う外食需要の減少等により、農畜水産物の流通量の減少および単価の下落等の影響が顕著となっています。そこで国では、このような農畜水産物の生産・供給体制の維持を目的として、国産農林水産物等販売促進緊急対策事業を創設し、学校給食等への食材提供に係る経費の補助を行うことになり、このたび、水産物が無償提供されることになりました。
 そこで、笠間市では真鯛の提供を受け、岩間地区で2月10日(水)に、バターロール・牛乳・真鯛の香草焼き・ジャーマンポテト・白菜スープを、笠間地区で2月12日(金)に、ミルクパン・牛乳・真鯛の香草焼き・粉吹き芋・ミネストローネを、友部地区で2月18日(木)に、ミルクパン・牛乳・真鯛のトマトソース・粉吹き芋・コンソメスープが学校給食で提供されました。
 生産量全国第一位の愛媛県で養殖された真鯛を、子どもたちは美味しそうに残さず食べていました。
※画像は、上から岩間地区・友部地区・笠間地区です。

  • 2021年2月24日 09:59

カレンダー

カテゴリ (記事数)

ブログ内検索

携帯サイト

アクセス数

ページの先頭に戻る