南小・南中学校の今後の特色ある学校づくり

笠間市立南小学校及び南中学校において、これまで少人数の特徴を生かした小中連携教育を平成16年度より進めてきましたが、少子化などで入学する生徒数が年々減少傾向にあり、小規模化が進んでいます。
これらの課題を解消し、より魅力ある学校にするため、教育委員会では、南小・南中学校を「義務教育学校」としたいと考え、これまで、保護者、地元区長、並びに地元住民の方々と検討を重ねてきました。その結果、平成29年4月より南小・南中学校は「笠間市立みなみ学園義務教育学校」として開校することになりました。

今後、開校に向けての準備を、児童生徒、保護者、地域住民とともに進めていきます。

南小・南中学校の今後の特色ある学校づくり検討会だより

これまでの検討会やアンケートの結果をまとめています。

   ダウンロードデータ(PDF) 発行日
第1号 全2ページ(337KB) 平成28年9月29日
第2号 全2ページ(332KB)
別紙「保護者アンケートご意見・ご質問に対する回答一覧」(187KB)
平成28年11月4日
第3号 全2ページ(330KB) 平成28年12月8日
第4号 全3ページ(516KB) 平成29年1月19日
第5号 全3ページ(547KB) 平成29年2月16日

 

 

ページの先頭へ戻る