笠間市立小中学校学区審議会

笠間市立南小学校・南中学校の学区について

教育委員会では、南小・南中学校を「義務教育学校」としたいと考え、これまで、保護者、地元区長、並びに地元住民の方々と検討を重ねてきた結果、平成29年4月より南小・南中学校は「笠間市立みなみ学園義務教育学校」として開校することになりました。
現在、南小学校と南中学校で異なる通学区域が設定されているため、笠間市立小中学校学区審議会に諮問し、みなみ学園義務教育学校の学区について審議をお願いすることとしました。

笠間市立小中学校の適正配置について

学校適正化方針の母体となった笠間市立学校適正規模・適正配置検討委員会の答申に基づき、笠間市立小中学校学区審議会は、将来の学校適正化に向けた現実的かつ理想的な学区編成方針について審議していきます。

ページの先頭へ戻る