奇跡の瞬間

生き物をじっと観察する児童

ダンゴムシ産卵直後

 みなさんは「ダンゴムシ」の赤ちゃんを見たことがありますか?

 4年生の理科「季節と生物」の学習で、春から夏への移り変わりの時期における植物や動物の様子の変化の観察をしました。桜の木は葉を出すこと、その葉はギザギザしていることや、梅の実が黄色く色づいたことに気が付きました。また、じっと地面を眺めていると、バッタの赤ちゃんや卵を宿しているダンゴムシを発見、掌の上で観察していると、ダンゴムシが産卵を始めました。生まれたばかりの赤ちゃんはすぐに動きだすが、産卵を終えたダンゴムシが亡くなったのを目の当たりにし、誕生の瞬間に出会えた喜びとともに、命についても考える深い学びのある授業となりました。 

 

  • 2020年6月12日 19:21

カレンダー

ブログ内検索

携帯サイト

アクセス数

ページの先頭に戻る