図工の授業

自分の世界観を存分に表現した作品

高さを出すために工夫した作品

家庭からもってきた廃材を使って,工夫をした作品

 四年生の図工「コロコロガーレ」の単元では,これまでの平面の制作物から立体の制作物に挑戦しています。 子どもたちは自分で考えた設計図をもとに,ビー玉や自作の紙粘土ボールが転がるかを実験しながら,微調整を繰り返して作品づくりをしています。 

 友達の作品を観察したり,実際に球を転がさせてもらいながら,自分のものと比較し,よいところを真似したり,アドバイスをしあったりしながら,試行錯誤をして,完成を目指しました。

 

 

  • 2020年7月30日 06:46

カレンダー

ブログ内検索

携帯サイト

アクセス数

ページの先頭に戻る