愛宕山の伝説

愛宕山と天狗

●愛宕山305mは笠間市泉にあり、学校から西の方角にあります。桜の名所として知られ、古くは「風穴山」と言われていました。その山頂に日本三大火防神社としての愛宕神社を置くので「愛宕山」と呼ばれるようになりました。山頂付近には霊井もあります。

●関東随一の眺望といわれ茨城県立自然公園に指定されています。四季の美しさとともにハイキングコース(岩間駅?愛宕山?難台山?吾国山?福原駅まで6時間)があります。

●葉のうちわを使って空を舞ったといわれる13天狗をまつる神社があり、毎年12月の悪態祭りは日本三大奇祭のひとつといわれ、13人が天狗に扮して無言で供物をそなえます。このとき、悪態を言い合い天狗に邪魔されながら供物を奪ったものは幸せになるとのことです。

ページの先頭へ戻る