卒業生代表の言葉

PTA本部役員さんからのお祝いメッセージ

前生徒会長による卒業式の「卒業生代表の言葉」をご紹介します。

(写真はPTA本部役員様よりいただいたお祝いメッセージです)

 卒業生代表の言葉

 柔らかな春の日差しに、花の蕾も膨らみ始めたこの佳き日、私たちは卒業式の日をむかえることができました。
 私たちの学年は、皆、素直で男女分け隔てなく、仲が良く、何事にも全力で積極的に行動し、自分のことだけではなく、困っている友達を助けることができる学年でした。この素晴らしい仲間たちとの生活が終わってしまうことにとても寂しさを感じています。
 思い起こせば三年前、真新しい制服に身を包み、喜びと緊張感を胸に入学式に臨みました。それからの三年間は、あっという間に過ぎ去りました。
 一年生では、東京郊外学習、二年生では福島での宿泊学習に生きました。これらの行事では様々なハプニングを経験し、計画通りに物事を進めることの難しさと友達と協力することの大切さを学びました。そして、三年生では、新型コロナウイルスの影響で予定されていた修学旅行が中止になってしまいました。そのため、ひたち海浜公園で校外学習を行いました。コキアの紅葉を観賞しながら、クラスの枠をこえて、多くの友達と交流を深めることができました。
 また、体育祭とひとつば祭の二大行事も例年とは違った形で開催されました。体育祭は各学年ごとのスポーツフェスティバル、ひとつば祭は合唱のみをクラスごとに撮影することになりました。どちらの行事も、限られた時間の中で話合いや練習を積み重ねました。話合いに熱が入り、意見がぶつかりあったこともありましたが、本番では各行事とも、とても盛り上がり「クラスの団結」を実感することができました。
 部活動では、新人戦や総体に替わる大会、コンクールや展覧会に向けて各部活動とも一生懸命努力を重ねました。練習が辛くて自分に負けそうになったり、思うような結果が出せずに逃げ出したくなったりした時もありました。しかし、顧問の先生方の励ましや部活動のメンバーの応援、そして何よりも保護者の方々の応援があったからこそ、目標をもって精一杯活動することができたのだと思います。周囲の方々への「感謝」の気持ちが私たちを成長させてくれたことを忘れません。
 この三年間の悩みの多くは、学習や進路そして友人関係でした。しかし、どんな時でも元気に楽しく学校生活を送ることができたのは、仲の良い友達、相談に乗ってくれた先生方、そして私たちの成長をいつも温かいまなざしで見守ってくれた家族がいてくれたからです。今まで本当にありがとうござました。
 最後になりましたが、校長先生をはじめ諸先生方、保護者の皆様のご健康とご活躍を卒業生一同より祈念いたしまして卒業生代表の言葉とさせていただきます。
 

  • 2021年3月15日 14:17

ページの先頭に戻る