台湾料理献立

笠間市は、台湾の観光ニーズを調査したり、笠間市の魅力を発信する拠点にするために、台湾に交流事務所を設置しています。

 今年も昨年に引き続き、6月23日(水)に市内全小・中・義務教育学校で台湾バナナや台湾料理を給食で提供しました。

 当日、笠間中学校では、台北駐日経済文化代表處から蔡 偉淦(さい いかん)経済部長および蔡 淳瑩(さい じゅんえい)経済部次長代理を招待して、交流給食を実施しました。

 献立は、ニョーローメン(牛肉麺)・牛乳・いかの甘辛あんかけ・大根サラダ・台湾バナナでした。コロナウイルス感染症の対策を実施しながらでしたので、来賓者との会話をしながらの給食はできませんでしたが、生徒は「台湾バナナは甘くておいしい、また食べたい」と話していました。
 

  • 2021年7月20日 14:25

ページの先頭に戻る