1. ホーム
  2. 稲田小学校>
  3. 地域自慢>
  4. 身近なお祭りの秘密

地域自慢

身近なお祭りの秘密

私たちの地域に伝わる祭りについて知りたいと思い、地域の方にインタビューをして調べました。

稲田地区には、次の3つの祭りがあります。 これらの祭りが始まったのは1000年以上前のことで、その頃は御神輿をかついでいなかったそうです。

祈年祭 2月19日
五穀豊穣を願う祭り
祇園祭 7月29・30日
不浄を払うための祭り
例大祭 11月17日
米の収穫を感謝する祭り

特に祇園祭について色々知りたいことがあったので、調べてみました。

祇園祭Q&A

Q1 いつ誰が始めたの?

A 1635年に大名が始めた。

Q2 なんのために始めたの?

A 流行病を退散させるため

祇園祭は、もともと京都三大祭りの一つだった。祇園祭の信仰は1200年前に始まる。祇園祭の祇園とは、祇園精舎のことである。祇園精舎とは、釈迦が説法をするために作った建物のことで、それを京都の山のふもとに作った。

昔は流行病の原因がたたりだと考えられていた。そこで、流行病を払うため牛頭天王の神輿を作り、祭りを行い厄払いをした。

笠間城下での祇園祭は、1635年に長左衛門が牛頭天王の神輿を作ったことから始まる。

1665年には、京都で神輿を買い求め、約40日かけて若者たちがかついで運び、祇園祭で人々に披露した。

Q3 どうして牛頭天王というの?

A 7歳のとき、身長が2mで顔が牛のようで、頭には角があったといわれているから

Q4 ある地域で、榊を100軒に配るのはなぜ?

A 榊の木には神様が降りると言われているから。神輿にも榊があるが、これも神様を降ろすため。

Q5 7月30日に人がトラックにのって稲田の地域全体を回るのはなぜ?

A 病気にかからないように厄払いをするため

Q6 トラックがなかったころは、どうやって町を回ったの?

A 道具をかついで歩いて回った。神主は、馬に乗って回った。その列の様子は、大名行列に似ていたという。

  • 当日
  • イベント

今後の予定

2024年2月27日
3月の予定
2024年1月30日
2月の予定
2023年12月25日
1月の予定
2023年11月25日
12月の予定
2023年10月17日
11月の予定

更新情報